キャバクラ店の雰囲気を掴める体験入店はやらなければ損

外国人

キャバクラの体験入店に向けて確認しておくべきこと

キャバクラで仕事をしたことのある方でした体験入店の様子は大体わかっているはず。しかし初めてキャバクラの世界に飛び込もうとしている未経験者にとっては、体験入店と言われても何をどうしていいのかわかりません。求人に応募して面接に出向いた時に、後で困らないように体験入店について細かく確認しておくことが重要です。
まず1点目は体験入店の日程です。1日で完了する場合もあれば数日間に渡る場合もあるので、出勤日時を確認しましょう。次にヘアメイクやネイルなどをどのようなものにすればいいのか相談してください。お店によって女の子の雰囲気に違いがありますので、そのお店に合ったスタイルにする必要があります。それはドレスについても言えるので、手持ちのものではダメそうなら貸ドレスの有無を聞いておく必要があります。
そのほかにキャバクラ勤務ならではのハンカチや名刺入れ、ライター、筆記用具などの必要な持ち物はお店によって異なりますので、面接の時に確認しましょう。最後に、少し聞きにくいかもしれませんがお給料のこと。あとで「こんなはずじゃなかった」とならぬよう、時給や控除されるもの、レンタル代などをしっかりと確認し予定通りのお給料をもらえるように準備してください。

キャバクラの体験入店に必要な身分証明書とは?

キャバクラで仕事を始めるまでの流れは、応募→面接→体験入店→正式入店となります。体験入店と言ってもお店で働くことには変わりありませんので、そのためには身分証明書を面接の際に提示することが必要です。キャバクラで働くためには、お店に本人確認と本籍(国籍)確認をしてもらわねばなりません。この全てを同時に証明できるのはパスポートのみなので、パスポートを持っている方はそれを提示するのが最も簡単です。
パスポートを持っていない場合は「顔写真付きの身分証明書」と「本籍証明のための書類」の2種類の証明書を用意することが必要となります。顔写真付きの身分証明書としては運転免許証やマイナンバーカード、学生証などが挙げられます。本籍証明のための書類は、取得から3ヶ月以内の住民票や戸籍謄本、または戸籍抄本が該当します。
これらの身分証明書の提出を厳しく要求するお店はスタッフの管理がしっかりしていることの証。安心して勤務を開始することができます。反対に身分証明書の提示を要求しないようなお店は何かしらの問題点を抱えている可能性がありますので要注意です。キャバクラの体験入店のために必要な身分証明書を準備して面接に臨みましょう。

キャバクラ未経験者も安心!体験入店は貸ドレスの利用も可能

キャバクラの求人情報を見ると「体験入店あり」と書かれていることが多いことに気づくでしょう。面接から正式入店までの間のお試し期間として体験入店というシステムを設けているお店が一般的になっています。キャバクラ業界で働いた経験を持つ女性にとってはお店やキャストの雰囲気を感じられるいいチャンスですし、未経験者にとっては業界のことを間近で見て知る絶好の機会です。
正式な入店を決断する前にまずは体験入店を通じてお店の細かなことまでしっかりと確認しましょう。体験入店にあたって未経験者が心配なのはヘアスタイルやメイク、そしてドレスのこと。
ヘアスタイルとメイクは面接の際に指導してもらえるので当日はその指示通りにすれば問題ありませんが、これからキャバクラ業界で仕事を続けるかどうかわからない時点でドレスを購入するのは躊躇ってしまいます。しかしご安心ください。体験入店の期間はお店からドレスを借りることができますので、自分で購入する必要はありません。
もし自分で「これなら店内で着られるかもしれない」というドレスを持っていれば、事前にお店側へ画像を見せながら相談するのが良いでしょう。そのお店の雰囲気に合ったドレスの着用が必要になりますが、貸ドレスがあるので自分で用意できなくても大丈夫です。

赤い帽子
TOP